深視力

j0422570

深視力とは

一般に視力1.0とか、0.5とかと言いますが、これを静止視力といいます。

深視力とは、遠近感や立体感を感じ取る視力のことです。

奥行き(立体視)を掴むことができれば、深視力測定の数値は練習によって向上します。

深視力検査について

運転免許の取得及び更新においては、中型(旧普通免許から移行した8t限定付きを除く)、大型、けん引車、第二種免許では、両眼で0.8以上 片眼で0.5以上の視力が必要です。(2007年6月に法改正があり中型免許が導入されました)

三稈法による深視力検査に合格しなければなりません。

 

合格が難しい多くの方が原因が不明で悩んでおられます。

リットーメガネでは様々な要因からお客様に適したアドバイスをさせていただいております。

深視力検査機を覗くと画面の奥に、3本の棒が見えます。
このうち、両側の2本の棒は動きませんが、中央の棒が奥から手前、手前から奥へと動いていきます。
この中央の棒が、ちょうど両側の2本の棒と同じ位置に来たときに、すばやくボタンを押します。
これを3回行い、平均誤差が2cm以内であれば合格です。

深視力測定器

深視力計の内部。

実際の測定では、三本の棒しか見えません。

深視力検査についてよく聞かれるお声にお応えする

視力は悪くないのに、深視力検査がどうも苦手で通らない。

仕事を休んで試験(更新)会場に行かなければならないので、一度で合格したい。

「視力が悪くないのにどうして合格しないのか?」 そんなお声にお応えすべく、リットーメガネでは深視力測定機を完備し、細かな視力、視機能測定で、ご苦労されている原因を明らかにし、克服へと導きます。

 

深視力の為の視力測定などには、一時間程度のお時間を要します。

他のお客様もあり、込み合う場合がございますので、お電話かメールで事前にご予約をお願いします。

深視力トレーニング

深視力を高めるコツは、子供のころの過ごし方にもあります。
球技をよくしていた子供は、深視力がすぐれた大人になるものです。

イチロー選手は、車の助手席に座ったとき、対向車のスピードを頭のなかで、具体的な速度に変換する訓練を、子供のころから積んでいたそうです。
このように、見たものの距離を具体的な数値に変換することが、深視力の練習になります。

たとえば遠くの電柱までの距離を、想像してみるのです。
こうした訓練を積んでいると、広いフィールドでサッカーやラグビーをする場合、あたかも鳥の目で見わたすように正確に判断できるようになります。

 

詳しくはコチラ

深視力ランキング お問い合わせ