紫外線の季節到来! エリカオプチカル アイケアグラス入荷しました。

2017年4月1日

保護グラス=紫外線カットめがね

目の外敵といえば、花粉、紫外線、ホコリ、危険物など様々なものが挙げられま

すが、紫外線と目の関係に焦点をあて、目を守ることの大切さについて・・

紫外線とは、太陽から届く光の一種です。太陽からは波長の違う様々な光が発せ

られていますが、その多くは途中で酸素やオゾン層などに吸収されてしまい残った

光が地表に届きます。これらはイオン化放射線、紫外線、可視光線、赤外線などに

分けられます。

紫外線は波長の長さによって以下の3つに分けられます。

uv

 

UV-A:私たちが浴びている紫外線の90~95%を占めます。しわやたるみの原因

となり皮膚の老化を引き起こします。

UV-B:ほんのわずかしか地表には届いていませんが、Aに比べ1000倍以上の有

害作用をもつと言われています。皮膚の細胞内のDNAを傷つけて皮膚癌

などを引きおこします。

UV-C:大気層などで吸収され、地表には届きません。

紫外線と目の関係

目は網膜に到達した光(可視光線)を感知して、

情報を脳に与える重要な感覚器です。光は情報を伝え

るための大切なシグナルですが、光とともに降り注ぐ

紫外線が強すぎると、角膜や結膜にダメージを与えて

しまいます。

近年では、オゾン層が破壊されると有害な紫外線の

量が増え、皮膚がんや目の病気が増加しております。uv2

眼を守るサングラスの選び方
外に出るときはサングラスで、しっかり目を守ってあげましょう。サングラスには、
UV~%カット、可視光線透過率~%と表示されていますが、この表示の意味は・・・
UV99%カット・・・紫外線を99%カットします。
可視光線透過率・・・自然光を通す割合のこと。低くなるほどレンズの色は濃くなり 高
くなるほど、薄くなります。
サングラスは用途や好みに応じて正しく選びましょう。