治療用眼鏡

小児用弱視眼鏡

眼鏡店の役目

眼科の先生の処方箋に基づき大切なお子様の眼鏡を作製しております。
お子さんの「見るチカラ」は日々成長し、その成長を助ける眼鏡は大切な役目を負っています。

※眼科の先生より「弱視等治療用眼鏡等作成指示書」の用紙ををいただかれた場合、ご持参ください。

(厚生労働省や行政の助成金を申請される場合の領収書を発行させていただきます。)

 

〔フレーム〕
小児用フレームは、単にサイズが小さなフレームではありません。
テンプル(つる)の長さ・鼻幅(ブリッジ幅)・レンズの形など、成長途中のお子様の顔・頭に合わせられるようフロント部分は、2mmキザミで4~8種類。テンプルも5mmキザミで4~6種類作製されています。
また、おとなのフレームと比較しても、より安全に丈夫な造りになっているものを、治療用にはお薦めしています。

フレームは、お子さんの掛けたいフレームで作製するのが、一番良いとは思いますが、眼鏡店のスタッフは、正面から見たサイズ以外に顔の左右の大きさの違い・眼から耳までの左右それぞれの長さ・左右の耳の大きさと形・鼻への乗り具合・眼とレンズの距離・レンズの傾きの角度(傾斜角)そして瞳孔(黒目)の位置を同時に見ています。これらの項目は大切なチェック項目です。
小児用フレームは、大人用とは異なりフロント部分とテンプルも左右別々で揃え、お子様のお顔に合わせます。
さらに人の顔がそれぞれ違うように、お子さんの顔もみなさん違います。
お選びいただきましたフレームにさらに手を加え、ずり下がり難いよう、より安全にご使用いただけるよう、目の前におられるお子さんにお合わせします。

必要な事柄はすべてをご家族にご説明をし、ご納得をいただいて決定します。

〔レンズ〕
治療用に使用しますレンズはお子さんの状態に合わせ、最適と思われるレンズをご提案いたします。
軽量化・見栄えのこと等、ご家族でお子さんの眼鏡の出来上がりを思い浮かべるのは困難と思います。
レンズの厚みに関しましても、眼鏡店はレンズメーカーとインターネットで接続することにより、事前にご家族にお伝えすることができます。
フレーム同様、スタッフよりご理解いただけるようご説明をし、ご納得をいただきお決めいただくのが一番良いと思います。

20180210photo_117

20180210photo_094001

003KOOKI

フィッティングの重要性

お子さんの顔は、未完成であり肌もデリケートです。

そして、日々成長され体も大きくなっていかれます。

治療用メガネは、適切な位置で掛けていただくことにより効果が出ます。

メガネが、ずれ下がったり・傾いたとき・フレームと鼻が接している部分の皮膚が赤くなったとお感じになればメガネの調整が必要です。(調整は無料です。)

 

お子さんのメガネは成長に合わせ微調整をしていきます。

メガネに関しましては、なんなりとご相談ください。

20180210photo_05320180210photo_045

プリズムレンズメガネ

組込みレンズ

眼科の先生の処方箋に基づき複視・斜位等を矯正するためのプリズムレンズメガネの作製を承っております。

プリズムレンズは複視・斜位を軽減し生活も楽になるレンズです。

また、プリズムレンズメガネは、床の見え方・レンズの厚みが通常のメガネとは少し異なります。

ご使用いただいた際にお感じになられると予想できる事柄について、出来るだけ具体例を挙げてご説明させていただきます。

膜プリズム

組込みプリズムの他にフレネル膜プリズムがあります。

ビニールシートのようなレンズです。

眼科の先生の指示があれば取り外すことも簡単にできます。

治療用眼鏡箔等

眼科の先生の処方に基づき、オクルージョンの作製も承っております。

片眼遮蔽用レンズ

片眼遮蔽することで視界を確保し、自然に見られることにも重点を置いた、新オクルーダーレンズ。

従来のオクルーダーレンズはすりガラス状で透明度が低く、周囲から見られることには重点を置いていません。

新オクルーダーレンズオクルアは十分な遮蔽機能を保ちつつ、透明度を高める加工を施すことで、自然に見られることを目指したレンズです。(要眼科医の処方)

遮光眼鏡

眼科の先生の処方箋に基づき遮光眼鏡の作製を承っております。
遮光レンズは、眩しさの要因となる500nm(ナノメーター)以下の短波長を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。

また、眩しさにより白く靄(もや)がかかっているように見える状態を、遮光レンズを装用することによりくっきりさせコントラストを強調させます。

多くのサングラスはファション性を重視するため、時として見え方を犠牲にすることがあります。

特にサングラスの定番カラーであるグレー系は、目に入る光を均一にカットするため、眩しさの原因となる光だけでなく明るさを感じる光もカットされてしまい、明るいとことでは眩しさが残り、少し暗いところでは視野が暗くなりすぎることがあります。

当店にもお試しいただけますトライアルキットがありますので、お気軽にご相談ください。

※補装具としての申請もできます。